遺影写真

遺影写真について調べてみよう

スポンサードリンク

祭壇の中央、もしくは中央付近に飾られる遺影写真。

お葬式


遺影写真が白黒だったのはもう過去の話です。
現在のほとんどの遺影写真はカラーで、
額縁も木目調が使われたり、白、赤、パールのものまで、
故人の人柄に合わせた額が人気のようです。

 

さて、遺影写真となる写真ですが、ご準備はよろしいですか?
などと、これはお尋ねできるようなものではありません。
意識して誕生日や結婚記念日など記念日に撮影される方もいらっしゃいますが、
時の瞬間を残す写真を嫌う方もいらっしゃるでしょう。

 

そして、、死期は突如として訪れる場合もございます。
備えておくべきと認識してはいても、誰しもが心の底では否定している行いともいえます。
唯一、顔が映っている写真と呼べるものは免許証しかない、というケースも無きにしも非ずです。

 

そんな時、遺影の写真はどうしたらよいのでしょうか。
まさか、免許証を飾るわけにはいかず…。

 

故人を偲ぶ想いに写真のことまで気が回らない。
そんな心境で言われて初めてハッとするのが遺影写真についてです。

 

そこで慌ててスナップ写真を探してみても、友人と映っている写真、首を傾けている写真、
背景が遊園地…遺影写真として使えそうなものがなかった場合…。
どうしたらよいのでしょう。

 

超高齢化社会を迎えた現在では、葬儀業界は成長産業と言われています。
生前より互助会など冠婚葬祭に備えて葬儀社と契約書を交わす方も増えてきました。

 

その中で葬儀の場合、遺影写真はパックに入っていたとしても、
入会の際、詳細についてまでは覚えていないというのが本当のところだと思います。

 

このサイトでは、遺影写真について、作成方法とか加工方法、
飾り方、処分方法など記載しています。

 

スポンサードリンク