処分

遺影写真の処分について

スポンサードリンク

お葬式で使った先祖代々の遺影写真。
鴨居にズラリと並んだ生前に面識のない遺影もあるかと思います。
そのような遺影写真を処分することになった場合、どうしたらよいのでしょうか。

 

ご家庭の事情で処分すると決まった時、
遺影写真となるとどうしたものかと悩まれる方もいらっしゃると思います。

 

ご先祖様に恨まれるのでは、
ご先祖様に失礼だと心配されるかもしれませんが、
処分方法としては、自治体のゴミ処分の区別にしたがって処分することで間違いないようです。

 

お寺では引き取ってはいただけても、
産業廃棄物となるため有料で処分することになるようです。
そして、お寺に相談されても、ご案内するとすれば、
やはり、ご自身でゴミとして処分してくださいということのようです。

 

処分する方法としては、お仏壇に供えてお参りし、
半紙にくるんでゴミとして処分する。
自分で処分できないようであれば、
お寺へ持っていき、事情を相談して処分を依頼する
(有料となるかもしれませんが、断られることはないようです)。
または、仏壇店などに処分を依頼する。
以上のような処分方法があります。

 

一人暮らしだった方が死去されて、家財道具一式を処分せざるを得ない場合もあります。
その中に仏壇、仏具、遺影写真があったとしても、
一切を引き受けてくれる回収業者も増えてきました。
宗教によりそれぞれ違いはありますが、ゴミとして処分されることに違いはありません。

 

故人を思う気持ちは十分伝わったはずです。
最後のお参りをして処分して問題ないでしょう。

スポンサードリンク