修正

遺影写真は修正できるの?

スポンサードリンク

遺影写真の修正って可能なのでしょうか。
はい、可能です。

 

どうしてもこっちの写真、表情の方がいいと思ったなら、
後になって後悔するより修正した方がいいに決まっています。
素敵な写真、残しておきたいものです。

 

さて、写真の加工は、もはや当たり前の時代となっています。
カメラの性能はよくなり、使ったことがない人では、
使い方はわかっても機能についていけないといったカメラへとかわっています。

 

そして、写真の加工や修正は、パソコンを使うことになりますが、
画像専用のソフトを使うと一瞬でできてしまうのです。
背景を無色にするとか、空に浮かんでいる飛行機雲を消すなど、
どんな細かい処理もソフトを使用すれば専門家でなくても加工することができます。

 

ネガがない場合でも問題ありません。
その場合は、写真屋にお願いすることになります。

 

表情は最高にいいのだけれど、顔色が悪く服装があまりよくない…。
そして、それ1枚しか写真がなかったとします。それでも、問題ありません。

 

顔色はいくらでも修正できます。服装も変えてしまえばいいのです。
テーマパークへ旅行した時の背景がにぎやかなものであったとしても、
雨天時の薄暗い風景が映っていたとしても、首を傾けている、
頭の上にリボンをつけているなど、なんら支障はありません。
遺影写真では、表情のよい顔写真が残っていれば問題なく作れるのです。

 

このように述べてきて、故人に失礼なのではと感じてなりませんが、
残された人への思いとして写真撮影を意識しておくのもやさしさではないでしょうか。

 

死期はいつ訪れるかわかりません。
遺影写真を意識しなくとも、家族の温かい思い出は残しておきたい、
そう思うのは残された人も同じだと思うのです。

スポンサードリンク