加工

遺影写真は加工して作られます

スポンサードリンク

遺影写真が白黒だったのは、今となっては過去の話です。
現在使われているのはカラー写真で、
生前に遺影写真として撮影されたのだろうかと思わす写真が飾られています。

 

遺影写真の大きさは四つ切タイプが主流です。
最近はデジカメで撮影して保存しておくケースが増えましたが、
私生活で撮影した写真って使えるのでしょうか。

 

遺影写真は故人の顔写真だけが映っています。
私生活でのスナップ写真を使用した場合、
四つ切サイズに引き伸ばすと背景には色んなものも一緒に引き伸ばされてしまいます。

 

このような写真は遺影写真として使えるのでしょうか。

 

はい。
驚くほどの短時間で加工し、作成していただけます。

 

この頃では葬儀社を利用しての葬儀が主流です。
遺影写真も葬儀のセットに含まれていることが多く、
スナップ写真を使っての加工が当たり前になっているようです。

 

葬儀社にお任せしない場合でも遺影写真を扱っている写真屋なら、
加工にかかる費用も写真代に含めて作成してくれるようです。

 

首を傾けて笑っている写真とか、葬儀には向かないパジャマ姿などでも問題ありません。
正面を向いていれば、背景がなんであれ、加工は可能となっています。

 

傾けた顔をまっすぐにし、背景は無地に、
服装は数ある種類から故人にふさわしいものを選ぶことができます。
背景色も故人に合わせて淡いブルーとかピンクとかもちろん白もあり、
故人その人らしらを演出してあげるのも気持ちだと思います。

 

もちろん、メイクや表示なども含めて
トータルプロデュースを提案しているプロカメラマンや写真館もあります。
ただ、遺影写真の撮影となると敷居は高く、
また、葬儀でのプロカメラマンの需要はさほど多くないため、
積極的には行われていないようです。

 

記念日をきっかけに撮影して、将来的には遺影写真にも転用するという意味合いがあったとしても、
その人らしい表情を残しておくというのは、残された人への思いやりにもなるのでしょう。

スポンサードリンク