サイズ

遺影写真のサイズに決まりはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

遺影写真として使われるサイズは、四つ切が一般的です。

 

四つ切は、253mm×305mmです。
新聞紙1ページの1/4くらいの大きさをイメージされるとよいでしょう。

 

祭壇の大きさにもよりますが、祭壇を小さ目にして遺影写真を大きく作ると、
立派に見えるとことがあります。コストパフォーマンスも高くなりますので、
葬儀費用をうまく使いたい場合などにはよいかもしれません。

 

その際に気を付けなければならないのは、葬儀屋を利用するのであれば、
葬儀屋の料金設定にもより限りがあり様々だということです。
また、小さいサイズの写真を引き伸ばすと遺影写真がぼやけてしまうので、
なるべくならピントがあった大きく映っている写真を用意しておくことが大切です。

 

加工の技術が進んだ現在、
遺影写真として肖像写真を撮影される方が増えたとはいえ、
まだまだ生活には浸透していない行いです。
不幸があって初めて、あっと慌てるケースは珍しくなく、
肝心の写真がなくて困ったというケースが大多数なのです。

 

超高齢化社会において、年々死去される方は増えています。
葬儀社が急激に増えたのもそういった背景があるからですが、
葬儀社によって遺影写真の設定も違います。
祭壇の大きさはどれくらいか、それ以前にどのような葬儀を行うのか、
ご本人はどのような葬儀を希望されているのかなど、
縁起でもないと考えるのではなく、最後まで納得のいく、
その人らしい人生であってほしいと願います。

スポンサードリンク